NPO法人まちの縁側育くみ隊

カテゴリ:未分類( 8 )

記憶は未来!~アートサロン第11回~

e0249556_20184810.jpg「子どもの頃近くのお肉屋さんにおつかいに行って、お金を失くしました。長者町通りの沢山の人と荷物が行き交う中で、子どもながらに一生懸命探しましたがお金は見つからなかった。」


昭和50年代の長者町の風景を、等身大の子ども時代の思い出として語ってくれたのは布団問屋の若旦那、吉川さん。今の長者町の風景からは想像できない、人のスキマを縫って歩く小さい小さい男の子の目線から、当時の賑わいが目にうかぶようだった。
e0249556_20193234.jpg

(アートサロン第11回ゲスト吉川孝清さん、聞き手名畑恵)

吉川さんのお話からは下記のような未来に向けてのメッセージをつかみ取ることができました。
1)子どもを地域の人間関係の網の目の中で育もう
 ―吉川さんの持ってきてくれた古い写真には、今もまちで活躍するあの人・この人も写っている。共に育ったり、面倒を見る見られるの関係は、絶対的な信頼感をもつ者どうし。人のつながりの継続はまちの持続。

2)「共存共栄が商いの理念です」
―「お客さんに喜んでもらう、お金だけじゃないんです。」

3)責任ある遊びができるのがまち衆
 ―祭りでみんなで山車を引くことを楽しみつつ、みんなの安全を守るために知恵を振り絞る責任感の強さ。




会場からは、「頼れる兄貴!」の呼び声e0249556_20203062.jpg


4)おくゆかしさが大事
 ―「前に出ることは嫌い」とこのアートサロンの機会も何度となく断られるほどのおくゆかしさ。でも「縁の下の力持ち」に学びたいとの想いでお願いし、出てきてもらいました。

5)無関心をひきつける体験型をしかけよう
 ―「自分もアートには無関心だったけれど、あいちトリエンナーレのアーティストと一緒に体験できる経験はとても良かった」、まちに愛着をもってもらうのにもやっぱり体験型です!

6)まちの未来像はハードイメージ先行よりも、まちの人が「つながっている」ことが大事
 ―「喧嘩もあり。無関心はよくない。とにかく顔が見えているまちの未来像を思い浮かべます」

記憶は未来!!(名)

e0249556_16485163.jpg*アートサロンとは・・・
町の一人一人のひととなりが見えてくるとちょっとまちが楽しくなる!をコンセプトにしたささやかなとりくみ。当法人スタッフの名畑も含め3人の若手女性(吉田有里さん、古谷萌子さん全員同い年)が回毎に代わる代わるサロンの主となって、まちの人との茶飲み対談をする。(NPO法人まちの縁側育くみ隊、あいちトリエンナーレ実行委員会、アートアニュアル実行委員会、の共催)

[PR]
by engawa_hagukumi | 2013-02-06 21:00

お待たせしました!

みなさま、お待たせ致しました!
縁側ニュース第88号の発行です!!
まちの縁側育くみ隊の日頃の活動がこれを読めば
よくわかるアイテムになっています。
HPのトップページからご覧になれます。
[PR]
by engawa_hagukumi | 2012-11-12 13:04

ジネンカフェプロジェクト、リーフレット完成

平成19年1月から、私たちと昭和区のNPO法人くれよんBOXさんと、緑区のかたひらかたろう(団体名)さんと協働で続けているジネンカフェプロジェクトが、今年度の名古屋都市センターまちづくり活動助成を受けることになり、その活動の一環として、このプロジェクトのリーフレットを作成しました。このリーフレットは、まちの会所にも置いてあります。NPO法人まちの縁側育くみ隊は、こんな活動もしているのか…と理解していただけたら幸いです。
e0249556_10213660.jpg
e0249556_10222447.jpg

[PR]
by engawa_hagukumi | 2012-07-31 10:23

まちの会所の取り組みブログ~学生長者町への提案!「でらノイズ」中部大学建築デザイン演習

まちの会所の取り組みブログ更新しました。
リンクはコチラ→
学生長者町への提案!「でらノイズ」中部大学建築デザイン演習
[PR]
by engawa_hagukumi | 2012-07-17 18:36

東北フッコウ「希望の黄色いハンカチ大作戦」ブログ

先の記事でお伝えしました東北フッコウプロジェクトの「希望の黄色いハンカチ大作戦」のブログが立ち上がりました。仙台荒浜地区に送る黄色いハンカチを作る作業の様子や、遠く長野から寄せられたメッセージの数々がご覧いただけます。URLは、http://yellowarahama.at.webry.info/ です。
よろしくお願いします。
[PR]
by engawa_hagukumi | 2012-02-06 16:22

東北フッコウ「希望の黄色いハンカチ大作戦」

昨年の3.11東日本大震災以降、私たち、まちの縁側育くみ隊は東北仙台の荒浜という地域に支援に出向いておりますが、地元の住民たちとの談論の中で「希望の黄色いハンカチ大作戦」が立ち上がりました。現地再生したい人、移転したい人、とても難しい地域ですが、どこであれ、ふるさとを再生しよう。黄色い旗がガレキから見つかった時に地元の方に芽生えた「ふるさと再生の希望の象徴だわ」の気持ちを応援することは、私たち自身の「ふるさととは何か」を考えるきっかけにもなります。是非、ご協力よろしくお願いします!

===(下記当面助けてほしいことです)====
具体的に今助けてほしいのは下記のようなことです。
1)A4の紙に手書きのメッセージを書いてメールで添付の上送って下さい。(急ですができれば2月2日までに!)
yellowarahama@gmail.com
(詳しくはチラシをご参照下さい。)
・できればご家族にもお知らせ下さり、一人1枚書いていただけますとうれしいです。
・子どもからお年寄りまで、多世代の応援が地元の住民の気持ちを支えます。

2)黄色いハンカチづくりの作業を一緒に参加して下さい。
(これが結構時間との勝負で、「荒野にようやく建てることが許されたお寺の仮本堂起工式(2/20)に間に合わせたい」ということで、急いで600枚のハンカチづくりをしたいのです。)

下記日程でお手伝い下さる方を募集します。
ご都合のよろしい日時等お知らせ下さり、おこし下さると幸いです。
■2/1日(水)17:30-(場所:まちの会所(名古屋市中区丸の内二丁目18-13丸の内ステーションビル3F))
■2/2日(木)17:30-(場所:ウィル愛知2F創作スタジオ)
■2/3日(金)17:30-(場所:ウィル愛知2F創作スタジオ)
■(予備日)2/5日(日)10:00-13:00)
!!軽食付!!
<作業内容>
・布を切る
・縫う(ミシン)
・紐をとおす
・メッセージを書く
・アイロンでメッセージ転写をする
・・・等、裁縫ができなくてもいろいろ作業があります。どなたでもご参加して頂けます。
===
よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by engawa_hagukumi | 2012-01-31 12:02

やっとHP刷新!

念願のHPの刷新を敢行しました!
「刷新」と言いつつも、どこが変わったのか…と
思われることでしょう。
その通り、構成は変わってはいません。
TOPページの写真を新しくしました。
index部分からMOMOを過去のプロジェクトに移し、
まちの縁側GOGO!をindexに加えました。
プチ・リニューアルしたHP。
今後ともよろしくお願いします。

あっ、今週末12日・13日には、長者町で
毎年恒例のえびす祭が行われます。
男性用、女性用の洋服や小物類などが安くお求めに
なられるほか、楽しい企画やアーティスティックな
山車の練り歩きもあります。
どうかみなさん、ご家族連れ、子どもさん連れ、
お友達と連れ立ち、お越しください。
[PR]
by engawa_hagukumi | 2011-11-10 12:27

新ENGAWA NEWS できました!

お待たせ致しました!
新しい編集方針、新しい編集担当による
新しいENGAWA NEWS 10月号ができました!
http://www.engawa.ne.jp/en_1110.pdf
結構ボリュームがあります。
どうぞごゆっくりお読み下さり、
私たちの多様なる活動に触れていただければ幸いです。
[PR]
by engawa_hagukumi | 2011-10-11 12:04



名古屋市の都心・錦二丁目に拠点をおき、長者町地区を中心とする多彩なるまち育て活動を展開している、NPO法人まちの縁側育くみ隊の”いま”をお届けします!
カテゴリ
全体
まちとアート
長者町バリアフリー
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
降って湧いたような…
from 大久保康雄~風の記憶
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧